組合の活動

支部活動

地域活動と会員交流・青年部活動

組合49支部では、会員親睦旅行、ボウリング大会などを開催し、会員の交流として参加できる事業を行います。また、地域産業まつり出展、親子技能教室、住宅・相談などの地域貢献を行うなど、支部独自の活動にも積極的に取り組んでおります。

青年部活動
・毎年6月にかんな削り大会を開催
・石川の技能まつりで ちびっこ技能コンクールに参加している
・全建総連青年協議会の交流集会に参加
・北信越青年協議会に参加交流している
・全国技能五輪大会の見学応援に参加

地域活動

若い力を建設産業の未来に

青年部では、勉強会、見学研修や意見交換を通じ、これからの建設業界を担う若手会員の人材育成の場として重要な諸活動を行っております。

技能者育成・認定職業訓練事業

専門校は、充実した設備と実践的なカリキュラムで君たちの夢をサポート

職業訓練内容は、それぞれの訓練科の専門的学科・基本実技を重視し、伝統技能の基本から高度な専門知識・技能まで、現代技術を総合的に学びます。良き社会人としての人間形成に重点を置き、心豊かにして強健な体と卓越した技能を兼ね備えた技能士の養成に努めております。

石川の伝統的建造技術を伝える会

石川の伝統的建造技術を伝える会では県民の方を対象に、セミナーを開催しています。

「匠の技」セミナーの開催

金沢城復元に関し、「石川の伝統的建造技術を伝える会」(事務局 石川県建築組合連合会)の主催で11月中旬(日)に金沢城公園・兼六園管理事務所会議室および建設現場で「匠の技セミナー」を開催しています。

これは金沢城の復元工事に関し、一般の県民の方々に伝統的技術を理解していただくために11月の公共建築月間に併せて毎年開催しているものです。

伝統的建造物の修復作業

当組合の姉妹団体である石川県建築工事協同組合では、石川県などを通じて伝統的な建造物の修復作業に関わっております。

伝統的建造物の復元や修復工事では伝統技能が必要とされますので、身につけた技術を活かす最高の舞台と言えます。

これまでに金沢城菱櫓・五十間長屋・続櫓復元工事、金沢城河北門復元工事、金沢城橋爪門二之門復元工事などに携わってきました。

技能競技大会への参加

一流の技能でチャレンジ

組合では高度な技能を持つ人材を、技能競技全国大会に石川県代表として推薦。出場者は優秀な成績をおさめています。「技能五輪全国大会」「技能グランプリ」「全建総連青年技能競技大会」などへ参加しています。

資料請求・お問い合わせ

PAGE TOPへ